Books

Books

LINEのチャットボットをつくってみた。いろいろと便利そうだが、無駄なことに使ってみる。

本屋で立ち読みしていたら、LINEボットの本が面白そうなので、やってみることに。 ところが、家に帰って読み始めたら、冒頭1ページ目から「SSLに対応したWebサーバ」が必要とのこと。「詰んだ……」 「あれでしょ、SSLサーバーの
Books

[自在]DataFrameのindexデータはiterrows()で取得すると便利。機械学習のトレーニングデータ作成に向けて

最近、MetaTraderで遊んでいるのだが、FXをやっているわけではなく、為替データを株価データで上書きして、株価分析ツールとして使って遊んでいる。 現状、市販の株価分析ツールはWindows版しかない。MetaTraderもWindo
Books

[自在]「スッキリわかるJava入門」はオブジェクト指向の入門書としても最適!

クリスマスプレゼントで、息子にMinecraftのPC版(Mac版)を買ってあげたら、 「MODを入れたい」 と言い始めたので、ネットで調べてみる。どうやらMODとはMinecraftの機能を拡張できるソフトのようだ。 Minecraftは
Books

[自在]「機械学習&Python」と「時系列分析&R」

年明けから「機械学習&Python」をやっていたのだが、段々と関心が「時系列分析&R」に移ってきた。 時系列分析もRよりPythonの方が今後の伸びは大きそう。特に時系列データの扱いは、RよりPandasの方がダウンサンプリングとか便利そう
Books

[自在]PRMLをパーセプトロンから始めてみる。

PRMLを読んでるだけでは、なかなか実感できないので、実際にプログラムを動かしながら理解を深めていこう。 で、何から組んでいこうかと思ったのだが、「銀座で働くデータサイエンティストのブログ」を読むと単純なパーセプトロンから始めるのが簡単ら
Books

[自在]次元の呪いと球面集中現象

PRML(パターン認識と機械学習)を読んでいて、高次元になると低次元の常識が通じなくなる事例として、「高次元では球のほとんどの体積は表面に近い薄皮部に集中している!」と書かれているのだけど、最初まったく理解できなかった。 「なにそれ?メロ
Books

[自在]今年はPRML「パターン認識と機械学習」とPythonから始めてみるか

手を出そうかどうしようか悩んでいたPRML「パターン認識と機械学習」に、年も明けたことだし挑戦してみることに。 「統計的学習の基礎(EoSL)」も翻訳されたことだし、どちらに手を出すか迷ったが、PRMLの方がネットでの情報が多そうなので、こ
Books

[自在]2014年11月ブックガイド

今月読んだ本の備忘録 銀河ヒッチハイク・ガイド 河出文庫posted with amazlet at 14.11.17河出書房新社 (2014-08-29)売り上げランキング: 982Amazon.co.jpで詳細を見る ハタヨガの真髄
Books

[自在]あらためてSwiftは理解しやすい言語だなと思う次第で。

iPhoneアプリの開発でSwiftが使えるようになるまで待っているうちに、アプリ開発から遠ざかっていたのですが、やっと環境が整った。 のだが、Swiftでの開発は難しいと感じていた。難しい理由はSwiftの文法のせいではなく、Xcode
Books

[自在]夢とは空想ではなく具体的なビジョンである。

ジョシュ・カウフマン「たいていのことは20時間で習得できる」と言われると、眉唾だなと思うけど、20時間連続での学習は意外と長いから、それくらいあれば一定の水準まではいけるかなという気もする。 一日1時間ぐらいしか自由にならず、週末は家族サー
スポンサーリンク