Snow Leopardでは、iPhoneアプリの開発は出来ないようだ。

サルでもできる「iPhoneアプリ開発塾」を読んで、「ふむふむ、なるほど」と思ったので、早速サンプルプログラムをダウンロードして試してみよう、と思ったら、

動きません。

iPhoneアプリ開発塾
iPhoneアプリ開発塾

posted with amazlet at 12.08.02
カワサキ タカシ
技術評論社
売り上げランキング: 1913

なぜかSchemeのターゲットが「iOS Device」しか選択できず、iPhoneのSimulaterを動かすことが出来ない。

Xcode 1

うーむ、何故だろう?ということで、色々と調べてたら、Projectのサマリーで見ると、開発ターゲットが「iOS5.1」になっている。これを「5.0」にバージョンダウンすると、Simulaterを動かすことが出来た。

Xcode 3

どういうことかいうと、私のMacはSnow Leopard。Snow Leopardでは、Xcodeの最新版4.3ではなく、バージョン4.2までしか動かせない。そして、Xcode4.2では、iOS5.1のプログラムを開発することは出来ないのである。(無理やり動かす方法はあるらしいが、動作保証は出来ない。)

開発ターゲットをiOS5.0に落とすことによって、テスト環境は整ったが正式版のアプリ開発は出来ないということのようだ。とりあえず現在の環境でObjective-Cの学習はできるが、本格的にやろうと思ったらMacごと買い換えた方が良いのかもしれない。

秋頃に噂されているMBAの新バージョンに期待をかけることとしよう!