最初に覚えた言語がObjective-Cでもいいじゃないか。

以前なら、子供はBASICでプログラムを覚えたものだが、いまでは適当な言語がないと思っていた。

無理矢理BASICをやる手はあるが、いまさら覚えたところで使い道がない。またオブジェクト指向の時代には、BASICでは変な癖がついてしまっては、むしろ逆効果の気もする。

自分の子供には、ビジュアルなプログラム言語の「Scratch」を覚えさせたりしていたのだが、汎用性に乏しいなと感じていた。

そんなとき「Objective-C超入門」を読んだら、懇切丁寧に解説していて分かりやすい。これなら小学生でも理解できるのではないか。

うちの子が、もう少し大きくなったら、この本でプログラム入門させてみようかな。

最初に覚えたプログラム言語がObjective-Cってのも面白いかもしれない。もはや、PC、Macだけがデバイスではないのだから、最初からiPhoneプログラミングってのもありかもしれない。