「Objective-C”超”入門」は、Objective-Cでプログラム入門する人に最適!

2012/07/19

cocos2dをマスターする前に、基本的なObjective-Cの文法をおさらいしておいた方が良い。

以前はObjective-Cの解説本と言ったら、「詳細Objective-C 2.0」ぐらいであったが、iPhoneが普及したおかげで、もっと簡単な解説本も出ているようだ。

詳解 Objective-C 2.0 第3版
詳解 Objective-C 2.0 第3版

posted with amazlet at 12.07.18
荻原 剛志
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 3508

 

今回「Objective-C超入門」を買ってみた。
初めて覚えるプログラム言語がObjective-Cであっても理解できるように書かれている印象だ。

第1章 Objective-Cをはじめる
第2章 Objective-Cの基本的なルール
第3章 変数
第4章 演算
第5章 条件分岐
第6章 繰り返し処理
第7章 関数
第8章 型を作る
第9章 クラス
第10章 クラスの応用
第11章 配列
第12章 メモリ管理
第13章 例外処理
第14章 ファイル操作
第15章 iPhoneアプリを作る

との章立てになっている。

Objective-Cの解説本といえば、普通C言語をマスターしていることを前提として、Objective-Cの違いを解説する本が多いのだが、この本はObejective-Cを単独で基本から解説しているところが新しい。

さすが”超”入門と名乗るだけのことはある。