MacからWindowsパーティションを削除する方法

2012/06/05

MacからWindowsのパーティションを削除する方法が、あまりに簡単だったのでご紹介。

「いざというときのために」と思って、500GBのHDDのうち100GBをWindowsに割り当てていたのだが、気がつくと全然使っていなかった。VirtualBoxを導入して、仮想マシンの上でWin7が問題なく動く(動作は遅いが)ことも確認できたので、Windows用のパーティションを削除してしまおう。

ますは、「アプリケーション」「ユーティリティ」フォルダから「BootCampアシスタント」を起動。

Boot Camp アシスタント 20120527 003107 jpg
「続ける」を押して、
Boot Camp アシスタント 20120527 003412 jpg
ここが意味不明なんだけど、「Mac OS X インストールディスクを持っている。」を選択。

Boot Camp アシスタント 20120527 003443 jpg
「Windowsパーティションを作成または取り除く」を選択。

Boot Camp アシスタント 20120527 003717 jpg
あとは「復元」を押すだけ。

タイマーで時間を測ったら、約12秒で完了。

私の場合、これで54GBの空き容量が167GBに増加。一応TimaCapsuleでバックアップ取っておいたが、あっけないほどあっさり簡単。

VirtualBoxは速度が遅いでの、Windowsでゲームなら使えないかもしれないが、ファイルを確認したり、IEを使うといった目的なら十分実用に足る。なので、BootCampを入れておく必要は、もうないのかも。それなら、少しでもMac用のHDD容量を増やしておきましょう!てなことで。