[自在]ScrivenerをDropBoxで同期させ、iPhoneでも使いこなそう。

MacでScrivenerを使っているのだが、なかなか使いこなせていない。平日はMacを持ち歩くわけにも行かない(会社はPC持ち込み不可)ので、利用機会が少ないのも一つの理由。

それで平日はiPhoneにSimplenoteを入れて同期させていたのだが、不満点がいくつか。

まずひとつは、なぜか空白行がおかしくなる。Simplenoteでは空白行で段落分けされていたものをMacに取り込むと全部消えていたりする。色々と設定を試してみたが、なぜか修正できない。

もう一つは、Simplenoteでは梗概を読むことができない。というか、ただのテキストファイルになってしまうので、梗概の情報が消えてしまう。

Scrivener
カテゴリ: 仕事効率化, 教育

そこで、無料のSimplenoteを諦めて、正規版のScrivener for iOSに乗り換えてみた。

↓こっちはiOS版。iPhoneとiPadのユニバーサル版。

Scrivener
カテゴリ: 仕事効率化, ブック

UIも洗練されていて凄い!
と感動していたのだが、iOS版とMac版をDropBoxで同期させるのに、つまづいてしまった。

Simplenoteとの同期は「ファイル」メニューの「同期」で、「Simplenoteとの同期…」を選択すれば出来たので、その上の「外部フォルダとの同期…」でDropBoxのフォルダを指定すれば良いのだろうと思って引っかかってしまった。(ちなみにメニューは日本語化済みです。)

「外部フォルダとの同期…」では、DropBoxのフォルダにテキストファイルが置かれるのだが、iOS版ではテキストファイルを読み込むことができないのだ。

しばらく悩んで、iOS版で逆に新規プロジェクトを作成したらどうなるか試してみた。すると、DropBoxのApps/Scrivener/フォルダにscrivenerファイルが作成された。これをMacで開くことは出来たので、なんとか同期することはできる。

問題は、現在MacにあるScrivenerファイルを同期させるにはどうすればいいかだ。

結論は簡単で、「同期」メニューを使うのではなく、ただ単にプロジェクトファイルの保存先をDropBoxのフォルダにすれば良かったのだ。

最初からScrivener同士で同期させている人は悩まないかもしれないが、Simpelenoteで同期させることに慣れていた人にとっては盲点かもしれない。scrivenerファイルで同期させるので梗概の情報なども消されることなく同期できるのだ。

あとはiPhone版にコルクボード機能があれば(iPad版にはあるらしい)完璧なのだが、そこまでは望むまい。なんとかやりくり出来る範囲だろう。

あと、Simplenoteは日本語入力の際に、画面が上下に揺れて、なんとなく不安な感じがあったが、Scrivenerはさすが正規版ということで、UIがしっかりしていて安心感が全然違う。

さて、何を書いていこうか。