[自在]今年はPRML「パターン認識と機械学習」とPythonから始めてみるか

手を出そうかどうしようか悩んでいたPRML「パターン認識と機械学習」に、年も明けたことだし挑戦してみることに。
「統計的学習の基礎(EoSL)」も翻訳されたことだし、どちらに手を出すか迷ったが、PRMLの方がネットでの情報が多そうなので、こちらをやってみることにした。あとEoSLは英語が読めれば無料のPDFが公開されているので、いざとなったらそれでもいいか。というのと、数学的な厳密さでいえば、PRMLの方が上かなと思ったから。

統計向けの言語と言えば日本では断然Rなんだけど、海外ではPythonの方がメジャーなのかもしれないと思ったので、ついでにpyenvとNumPyやSciPyもインストールして検証作業に備えよう。

以前はPRMLの勉強会も頻繁に開催されていたのだけど、最近では聞かないので、どうやって独学していくか。

目標としては「分類器なんてサポートベクターマシンで十分だから、とりあえず実装してみよう。」と言えるくらいになることかな。

パターン認識と機械学習 上
C.M. ビショップ
丸善出版
売り上げランキング: 60,929

パターン認識と機械学習 下 (ベイズ理論による統計的予測)
C.M. ビショップ
丸善出版
売り上げランキング: 90,260