[自在]「Unityはゲーム開発に民主化をもたらした。」という形容はオーバーではないと実感。

2014/07/17

ゲームでも作ろうかなとは思っていたのだが、
「それって面倒なんでしょ。」
となかなか腰を上げる気になれなかったのだが、、、
ふと、Unityでも始めてみようかと思い立ち、「ひよこクラブ」「こっこクラブ」ならぬ、「ひよこ本」と「にわとり本」を買ってみた。
Unityの入門書として「Unity4入門」(通称ひよこ本)が有名なのは知っていたが、そうは言ってもiOSアプリとかWebで公開とか一手間あるんでしょと思っていた。実際はUnityがそれぞれのデバイス用に書き出してくれるので、開発者は何も難しいことを考える必要はないようだ。
また、C#を覚えるのも面倒だと思っていたのだが、基本Javascriptでも問題なく動かせるようだ。

で、「ひよこ本」のチュートリアルで作ったのがコレ!
「カーソルキー」で左右移動。「スペースキー」でジャンプ。
まだゲームとしての体裁は整えていないが、モーションキャプチャーされた人間が空間を自由に動き回れる。(ジャンプ動作時の当たり判定がおかしいので、空中ジャンプという奇妙な動作が可能だけど。。。)
「Unityは簡単だ!すごい!」という噂は聞いていたが、自分でかじってみるとやはり驚異的だな、こりゃ。「Unityはゲーム開発に民主化をもたらした」という形容も決してオーバーではないな。
Unity Web Player | Meca

Unity4入門   最新開発環境による簡単3Dゲーム製作
浅野 祐一 荒川 巧也 森 信虎
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 6,491
Unity4ゲームコーディング 本当にゲームが作れるスクリプトの書き方
浅野 祐一 荒川 巧也
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 22,623