[自在]クリエィテブ力は誰でも回復できる(はず)

ここ一月ほど、パーフェクトシリーズの「Ruby」と「Ruby on Rails」を熟読していて、なんとなくRuby on Railsもできそうな気がしてきたが、さて何を作ってみようか。

ひとりでWebアプリをやろうと思ったら、メンテナンスの手間とかも考えないといけないので、可能なサービスが限定される。その制約の中で新しいサービスを考えないとならない。

なんかアイデアの突破口はないものかと、書店でブラブラしていたら、「クリエィテブマインドセット」という本を見つけた。原題は「Creative Confidence」なので、自分にもクリエイティブ力はあるのだという自信を取り戻そうという本。「発想する会社」のIDEOが書いているので内容は折り紙付き。

一番印象に残ったのは、頭の中で思い込んでいるだけでなく、実際の人間の活動を細かく観察することによって思いがけない発見に結びつくことがあるという指摘。

Webアプリの企画とか、iPhoneアプリの企画とか、どうしても机上でアイデアを練ろうとしてしまうのだけど、それではダメで、やはり実際の人間の行動を注意深く観察しないといけないのだなと、あらためて感じた。

というわけで、通勤電車の中も、通勤する人のスマホの使い方の観察機会だと思えば、なかなか有意義な時間かもしれない。視点を変えれば、見慣れた光景も新たな発見の機会になるかもしれない。明日からの通勤電車を楽しみにしてみよう。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
デイヴィッド・ケリー トム・ケリー
日経BP社
売り上げランキング: 379