[自在]KDPは思っていたよりも敷居低いみたい。『Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド』

2013/07/05

「Kindleダイレクトパブリッシングに挑戦!」を、今年の目標のひとつにしていたのだが、何も手をつけていなかったので、『Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド』を読んでみた。当然Kindleで。

Kindle用のe-bookは作成するのが難しいんじゃないの、と漠然と思っていたのだが、この本の通りにやれば、とりあえずは出来そう。

試しにやってみたら無事表示されたので、これで技術的な懸念はクリアになった。

基本的な流れは、
1)LibreOfficeにプラグインを導入して、E-PUB形式で書き出す。
2)Amazon PreviewでE-PUB形式で読み込んで、プレビューを見ながらAmazonのMobi形式に書き出す。
簡単に言うと、これだけ。詳細は、この本を読んでね、というわけで。

Amazonの審査は、iPhoneアプリの審査よりも簡単そうなので、コンテンツの作りやすさ(誰でも文章なら書ける!)や、リーズナブルな価格設定(アプリの価格は手間の割に安すぎ)を考慮すると、KDPはこれから来そう。

参加者が増えすぎて、検索しづらくなるのも時間の問題だろうから、KDP参入するなら早い方がいいんだろうな。

というわけで、色々と構想を練ってみよう。

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング
インプレスジャパン (2013-05-14)
売り上げランキング: 622