元祖オールド・ビーンの自家焙煎珈琲屋 銀座「カフェ・ド・ランブル」に行ってきた。

自家焙煎喫茶店の御三家といえば、銀座「カフェ・ド・ランブル」、南千住「カフェ・バッハ」と、今はなき吉祥寺「もか」

最長老は「カフェ・ド・ランブル」で、日本でのオールド・ビーン(珈琲豆を長期寝かせて美味しくする方法)の元祖でもあるらしい。

私は初めて飲んだオールド・ビーンの店と言えば、吉祥寺「くぐつ草」で、初めて飲んだときの衝撃もさることながら、久しぶりに飲みに行ってもやはり衝撃的な味である。

そんなオールドビーン喫茶の元祖ということで、銀座「カフェ・ド・ランブル」は一度は行ってみたい店でありながら、なかなか行く機会のない店だった。

昼間にブラっと佐久間象山塾の跡地(銀座6丁目)を見に行ったあと、ふと思い出して「ランブル」に寄ってみた。

IMG 0624

ランチ時にもかかわらず、珈琲だけの店ということでお客は少ない。一番標準的なブレンドを頼んでみた。

やはり味は「くぐつ草」に似て美味しい。「くぐつ草」ではいつもストロングを注文するので、それに比べれば普通ブレンドなので薄い。もっと濃いものを頼んだら、比較しやすかったかもしれない。

ひとつ分かったことは、自分で焙煎している珈琲の味もなかなかのところまで来たんじゃないかなってことだ。