「よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書」はiOSの機能が網羅的に書かれているので、辞書代わりに眺めると便利。

2013/01/15

とりあえずのiPhoneアプリをリリースして、少し気が抜けた状態。

さて、次はリリースしたアプリのアップデートをすべきか、第2弾アプリの開発に入るべきかで悩んでいる。囲碁でいうところの、厚みと模様の問題ですな。

なかなか第2弾のコンセプトが固まらないのだが、悩んでいる暇があるのなら、予定している第1弾アプリのアップデートを先に行った方が良いのかもしれない。と思いつつ、早くバリエーションも増やしたいなぁと、悩んでいるだけで先に進まず。

まぁ、時期的に忙しいというのもあるけど。

技術的なインプットだけは時間のあるときにしておこうと、寝る前に「よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書」を読んでいるのだが、これはこれで良く書けているなぁと改めて思う。機能を網羅的に解説しているので、次にどの機能を使おうかなぁと、漠然と眺めているのは楽しいね。

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 5&Xcode 4.2対応版】
森 巧尚
マイナビ
売り上げランキング: 5158