iPhoneアプリ申請に役立った書籍6冊+α

2013/03/18

ただいまiPhoneアプリ第1弾の申請中。早くとも結果が出るまで1週間はかかるらしい。申請が通ってから書こうと思っていたのだが、iPhoneアプリ開発・申請までに役立った書籍のリスト

まずは、これ!「Objective-C超入門」iPhoneアプリの開発と関係なく、Objective-Cの基礎中の基礎を学べる良書。とりあえず、Objective-Cの骨格は、これで学べば十分かな。

次は「Phone/iPad/iPod touch プログラミングバイブル」iOS6解説でもっとも早く出版された書籍。特にiPhoneを試験機として登録するためのプロビジョニングプロファイルの設定について解説が詳しく非常に役だった。

そして、読み物としても面白くスッキリ読めた「iPhoneアプリ開発塾」軽い感じなので、内容も浅そうに思えるが、なかなかどうして、実に実践的な本でした。特にiPhoneアプリの申請方法は詳しく、この本がなければ、申請手続きを完了することはなかっただろう。

iPhoneアプリ開発塾
iPhoneアプリ開発塾

posted with amazlet at 12.12.10
カワサキ タカシ
技術評論社
売り上げランキング: 4886

そして、私は随分助けられたけど、内容的に少し古く惜しいなぁと思うのが「よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書」実に良く書けているのだが、Xcodeのバージョンが古く、いまのXcodeでサンプルプログラムが動かないのが致命的。「Xcode4.5では@synthesize宣言がなくなったので、myLabelをself.myLabelと書けば動きます」という意味が分かる人にはオススメ。

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 5&Xcode 4.2対応版】
森 巧尚
マイナビ
売り上げランキング: 5158

最近、Xcode4.5とiPhone5に対応した新しい書籍が2冊出て、これは非常に良く出来ている。
「やさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校」は「教科書」と同じ森氏の著作。教科書よりも新しいので、Xcode4.5にもiPhone5にも対応してます。この本は絶対オススメ。iPhone4Sと5でインターフェイスビルダーの設定をどうしたら良いか悩んだときに助けられました。

やさしくはじめるiPhoneアプリ開発の学校
森 巧尚
マイナビ
売り上げランキング: 17965

これは買っていないのだが、最近のプロビジョニングプロファイルや、iTunes Connect申請の解説が非常に詳しい。結局、私はネットで探して解決したのだが、この本がもっと早く出ていれば、苦労は格段に少なくて済んだだろうと思った。

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS6対応版】
高橋 京介
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 4900

そして最後にドットインストール。プログラミングのやり方を、大体こういう手順でやればいいんだなと体感するためには、やはり動画で見るのが手っ取り早いねってことで。
3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト – ドットインストール