iOS Developer Programのアクティベーション完了。やはり、体制にちょっと問題があるのではないかと思った。

日本からのiOS Developer Programへの参加は面倒だ。

なぜかというと、日本からの申し込みの場合、アクティベートしてもらうためには、一度日本の担当者にメール連絡することが必須のようだ。

手順としては、下記のような感じ。

iOS Developer Programへの申し込み。
Apple Store Japanでオンライン決済。

12時間経過

メールでActivation Codeが届く。
しかし、アクティベートできないので、Webから担当者に連絡する。


24時間経過


状況確認して、アクティベート可能にしたので、さきほどのメールのActivation Codeでアクティベートしてくれとメール連絡が来る。

という感じで、結局2日がかりの作業になってしまった。

3連休中に、簡単に済ませてしまおうと思ったが、意外と手間がかかってしまった。これから登録してみようと思っている方は要注意!

今回、参考にさせてもらったのは、このサイト。このサイトがなければ、自分が何か間違ったのではないかと悩んで無駄な時間を過ごしてしまっていたことだろう。懇切丁寧な解説が非常に役立った。

日本のApple StoreでiOS Developer Programを購入しActivateするまでの全スクリーンショット | MUSHIKAGO APPS MEMO

あとは「プログラミングバイブル」の第1章に従って、実機での試験環境を整えることにしよう。