[自在]ライトなミステリ3作品一気読み。『ビブリア古書堂』『万能鑑定士Q』『珈琲店タレーラン』

2014/11/19

ライトなミステリ3作品の一気読み!

「ビブリア古書堂、面白いよ〜」てな話を聞いて、ライトなミステリ3作品を一気読みしてみた。

まずはビブリア古書堂と思いきや、隣に並んでいた『珈琲店タレーランの事件簿』を買ってしまった。珈琲と言われると、とりあえず読まずにはいられない。

タレーランの感想として、悪くはない。キャラは魅力的。ただ、珈琲の知識が浅いかなぁ。アラビカvsロブスタぐらいは、ベーシックすぎるから、せめてティピカ種とかの話まで行ってほしかったなぁ。

で、あらためて『ビブリア古書堂』さすがに面白い。特に1巻のエンディングとか格好いいな。そして、タレーランのストーリーって、これの亜流なんじゃないかと思った。

それにしても、世界観から抜けたくないという小説は久しぶり。全体から漂う善人感が良い。ちょっと神保町の古本街を散策したくなった。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキーメディアワークス (2011-03-25)
売り上げランキング: 661
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキー・メディアワークス (2011-10-25)
売り上げランキング: 922
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキー・メディアワークス (2012-06-21)
売り上げランキング: 748

というわけで、『ビブリア古書堂』が、あまりに面白かったので、似たような作品を探して、万能鑑定士Qの短篇集を買ってみた。以前1巻を読んでみて、ちょっと文章がひどいなぁと思ったが、世界観的には面白かった。

今回は短編集だったが、文章がこなれていて、十分堪能できた。あとがきに書いてあったが、万能鑑定士Qシリーズは新しい巻の方が人気が高いらしい。段々とクオリティが上がっているようだ。

万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)
松岡 圭祐
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-10-25)
売り上げランキング: 227

ランキングを付けるとしたら、ビブリア古書堂>万能鑑定士Q>珈琲店タレーラン。

ビブリア古書堂の4巻が出るのが楽しみになってきた。