enchant.jsとjsdo.itで、子供にjavascriptを学ばせよう。

小学生の息子を中学校の文化祭に連れて行ったら、科学部の出し物のパソコン・ゲーム(シューティングゲーム)にハマっていた。

「自分でも作れるよ」と言ったら、目を輝かせて「やるっ!」と言うので、本屋で小学生でも作れるゲームプログラムの本を探すことになった。

C++やJavaでのゲーム開発本はあるのだが、C++やJavaは子供には敷居が高いかなと思う。そして、いま覚えるべき言語はHTML、JavascriptなどのWeb言語だと思うので、適当な本はないかなと探してみると、ありました。

enchant.js使って、Javascriptでゲーム作るのはアリだな。

この本で知ったのだが、jsdo.itというサイトでは、Web上でjavascriptを実行することができる。enchant.js等のライブラリも簡単に導入して実行することができる。これスゴイ!

Just Do It!なネーミングといい、さすがはカヤックだな。

jsdo.it – Share JavaScript, HTML5 and CSS

とりあえず写経のようにプログラムの書き写しをやらせたら、あっという間に覚えてしまった。ただ、「1」と「l」と「i」の区別が難しいようだけど…

私も子供の頃ベーマガを持って電器屋で、意味も分からず、プログラムの書き写しから始めたので、これで良いのだろう。大人が難しいだろうと思っていても、子供は自然と覚えていったりするものだから。

息子いわく「なんか同じようなのが出てくるね」
そうそう、そうやって少しずつ意味が分かるようになるのです。