WordPressで、PHPを使ってWebサービスの開発を行なってみよう。

WordPressでブログに一段落つけたら、Webサービスの立ちあげをやってみたいと思っていたのだが、どこから手をつけるべきか。具体的に、どの開発言語・プラットフォームを採用すべきか。

昔ならRuby on Rails一択だったが、今は色んな選択肢が考えられる。

私が、最初にやりたいWebサービスは、AmazonAPIを使ったサービスを考えている。ユーザー認証等もなしで、iPadのAmazon Showcaseみたいなサービス。

それだけのためにRailsは敷居が高い。(というか、個人的にRubyの将来性については疑問に思っている。どうも、昔のTRONと同じ道を歩むのではなかろうかと)

となると、WordPressの固定ページに、PHPで記述するのが一番近道だろうと決めた。

まずはPHPを基礎からやり直そうと、オライリーの「初めてのPHP5 増補改訂版」を読み始めることに。増補改訂版は、ちょうど先週出版されたばかりのようだ。書籍としては最新情報が載っているということになるので、いま始めるのは都合が良かったのかも。

内容は「初めての」という割には、高度なことまで解説している。PHPの基本文法だけではなく、PEARライブラリのインストール方法まで載っているので、とりあえずこれで十分じゃなかろうか。(Amazon APIを叩くためには、REARライブラリを使うと良いらしい)

実は「PHP Hacks」と、どちらを買うか悩んだ。最初からサンプルコードを読んで修正した方が早いかもしれないと思ったからだ。
ただ、「PHP Hacks」は、あまりに実践的すぎるので、さすがに行き詰る可能性が高そうなので、「初めてのPHP5」から入ることに。

さてさて、どんなWebサービスになりますことやら。

初めてのPHP5 増補改訂版
初めてのPHP5 増補改訂版

posted with amazlet at 12.09.24
David Sklar
オライリージャパン
売り上げランキング: 47649
PHP Hacks ―プロが教えるWebプログラミングテクニック
Jack D. Herrington
オライリージャパン
売り上げランキング: 343066