WordPress3.4.2への更新は特に問題なく終了。

WordPressを3.4.2にバージョンアップ。

データベースもバックアップがした方が良いのだろうが、マイナーバージョンアップなので、そこまでしないでも大丈夫だろうと判断。ただ、バージョンアップで管理画面に入れなくなった人もいるようなので、用心した方が望ましいのは確か。

自分で書いた過去記事を参考にしながら、レイアウトが崩れた場合に備えて、coda2でstyle.css等のファイルだけはバックアップを取っておいた。

WordPressのレイアウト編集に必要な知識 | 自在Cafe.com

で、あとは管理画面から、おもむろに3.4.2へ更新。あっという間にシステム更新は終了。普通のプラグイン更新と時間はさほど変わらない。

特に問題なく、システム更新は終了。管理画面にも無事入れたし、レイアウトの乱れも生じなかった。

バージョンアップして良かったという点も、今のところ特にないが、セキュリティの観点からは最新システムを導入している方が望ましいので、これで良いのだろう。

WordPressの場合、システム更新直後は対応していないプラグインのために不具合が生じる可能性があるが、主要プラグインの更新が終わったあとは、システム更新によって不具合が発生する可能性は下がるのだろう。