そろそろ秋山ハイキングの季節ですよ。読書でハイキング気分。

そろそろ秋山ハイキングの季節。あー、山歩きしたい!

と思いつつも、子供が小さいと思うようには行かないわけで。

山歩き関係の本を読んで気持ちだけでも、ハイキング気分に。

ハイカーのバイブルと呼ばれるコリンフレッチャーの翻訳版『遊歩大全』(バージョンIIの翻訳)は絶版になっているので、中古価格12000円以上になってる。いまさら読んで、それぐらいの価値があるかというと微妙だと思う。

最新バージョンの”The Complete Walker IV”は、翻訳されていないので洋書だけど2000円以下。とりあえず、これは買ってみた。
ただ、コリンフレッチャーもお亡くなりになり、最新のバージョンIVでも2002年版なので、今読むと商品知識の古さは拭えない。特に最近のUL(Ultra Light)の流れには、さすがに追いつけていない。

日本の山歩き関連の読み物で、お手軽に面白かったのは、工藤隆雄『山歩きのオキテ』(新潮文庫)
副題「山小屋の主人が教える11章」のとおり、東京近郊の有名山小屋の主人の現実的なアドバイスが非常に興味深い。

山小屋の主人がお薦めする最も便利な登山靴は、長靴らしい(笑)さすがに山小屋の主人らしい意見というべきか。長靴がブカブカするのなら、靴の周りを紐で縛ればいいのだそうだ。

文庫本なのに、山歩きを小難しく考えず気軽に楽しむための情報が、ひと通り網羅されているので便利な本だと思う。

子供が大きくなったら、雲取山の山小屋とかに泊まってみたいなぁ。(と妄想中)

遊歩大全―ハイキング、バックパッキングの歓びとテクニック
コリン フレッチャー
森林書房
売り上げランキング: 837297

The Complete Walker IV
The Complete Walker IV

posted with amazlet at 12.09.04
Colin Fletcher Chip Rawlins
Knopf (2002-04-30)
売り上げランキング: 13169

山歩きのオキテ―山小屋の主人が教える11章 (新潮文庫)
工藤 隆雄
新潮社 (2011-07-28)
売り上げランキング: 38359